青が好き…♪♪

ARTICLE PAGE

ぶらり松本旅♪ その2

松本市
  • comment-
  • trackback-
美術館7



松本市美術館のドアを開けて…正面にあるのがミュージアムショップです 


松本市美術館オリジナルの、草間彌生グッズは…あまりありませんでしたけど…
でも…お買い物品を入れてくれる袋がとっても素敵!!


大きい袋は…トレードマークとも言える 『かぼちゃ』 


そして…小さい方の袋は 『幻の華』 



レジで思わずスタッフさんに…素敵な袋ですね~  …って言ってしまいましたけど(笑)
スタッフさんは…ありがとうございます♪…って笑顔で答えてくださいました♪ ふふっ 



玄関から左手にある…あたたかみのある木製の階段を上って3階へ…

草間彌生『魂のおきどころ』の展示室があります♪

  ★ 草間彌生  『魂のおきどころ』  


印象的な作品は…まずは…『傷みのシャンデリア』

シャンデリア自体も素敵なんですけど…周囲を囲むのが想像以上の数の鏡!!
迷路のように構成された無限の広がりに…異空間に入り込んだような感覚さえあって圧倒されました♪



あとは…2枚並べて展示されている…『世界の愛のすべて』と『戦争の終わった幸福』

絵に酔うっていう感覚

いったいどういうことなんだろう…って気になっていたんですよね…

2枚で対になっているかのように…類似したモチーフを使っていたりしますが
やはり…決定的に違うのが、使われてる色

『戦争の終わった幸福』の赤は…冊子の写真は朱に近い感じがしますけれど…
写真よりもずっとずっと濃い深い赤で…鈍い光沢感があります

その上に…質感の違う青で描かれている世界
補色…っていうわけではありませんが…
この二つの色の配色自体が感覚的に目眩を起こしそうな迫力がありました

描かれている世界は…草間彌生の世界観…

大きなテーブルの上に…この大きな絵を置いて…
周りから一生懸命に腕を伸ばして…
一日に何時間でも描いている…彌生さんの姿が見えるような作品です

智くんのように…酔う…とまでは、いきませんけれど
でも…なんとなく、智くんの感じたことが…ちょっとだけわかったような気がしました 





さて…美術館を出て向かったのは…
智くんと相葉ちゃんが、2006年5月20日放送の『まごまご 嵐の城下町』ゆかりの場所♪ *^^*

まずは…手打ち蕎麦の『古ばやし』さん 


 ★ 手打ち蕎麦 『古ばやし』 


美術館を出て…『市民芸術館西』の交差点を右に曲がり…
中町通り&ナワテ通りを…あとでゆっくり来るからね~♪…と、通り抜けて…
松本城に向かう途中にある………はず…… (^_^;)

折から…冷たい雨が降ってきて…風も吹いてたりして…
雨男智め~!!なんて…ついつい笑っちゃってましたけど…

お城前から、ナワテ通り付近をしばらくうろうろと歩き周り…
ようやく… あったぁ~!! (T_T)

DSC_0792.jpg


すっかり体も冷え切ってましたので…
智くんの食べた『志っぽくそば』のあたたかさが…うれしかったなぁ~♪

DSC_0795.jpg


しっぽくとは…そば・うどんにキノコ・かまぼこ・野菜などを入れて煮る料理のことを言うみたいなんですけど
このお店の志っぽくそばで美味しかったのが…
お蕎麦の上に…ど~んと二つのってる大きなお麩と…手作りの厚焼き卵♪

写真の上の二つがお麩!!
最初出てきたとき…えっ??鱈の切り身?? (^_^;) なんて思うほどの大きさでした(笑)
このお麩が…もちもちしてて…おつゆがい~~っぱいしみてて…美味しかった 

あとは…手作りの厚焼き卵♪ほんのり甘くてね…♪
あ…この味、あなた絶対好き!!…って翔ちゃんだったらきっと智くんに言うだろうなぁ~って感じでした♪




さて…体もあたたまったし~松本旅の続きへ…GO! *^^*
お店から出ると…一応雨もあがっていてラッキ~でした 










ふふっ 

『はなまるマーケット』のカワイイ嵐さん達も見られましたので…今は、とりあえず…ここまで!(笑)

続きは…また後で書いてみますね♪

お天気もいいし~ちょっとオウチゴトがんばろっと! おうっ!(笑) 










関連記事