青が好き…♪♪

ARTICLE PAGE

ピカ☆ンチな日々

雑誌&本
  • comment-
  • trackback-
P1020046.jpg



シングルのリクエスト…何が見たいかなぁ~  って考えたときに
まず思い浮かんだのが… PIKA☆NCHI 


ちょっと…ワルぶった 

ちょっと…エネルギーをもて余してるような 


あの PIKA☆NCHI を、
もう、めちゃめちゃになるくらい踊りまくってほしい!  

カッコよくてクールな嵐さんも見たいけど…
ワルくてアツ~い嵐さんも…せっかくのチャンスなので(笑)
ちょっと見てみたい気がするんですよね!  

(///∇//)テレテレ


あっ…そういえば、PIKA☆NCHIの本があったなぁ~ 
なんて思いまして…久しぶりに本棚から取り出してみました

あれ?!…袋とじ…途中までしか開けてなかった!(笑) (^_^;)

★ 「嵐04150515」 2002年10月10日 (発行所:株式会社M.Co)

「ニッポンの嵐」を発行している会社ですよね 
写真は…ジャニーズの先輩である岡本健一さん 
テキストは…米川里代さん 

この本を買ったときにも…
確か…とっても感動したっけ…って
2年前ぐらいのことだったかな??…ちょっと懐かしくなりました 


智くんがね…ホントに綺麗です  
あっ…この人ホントに綺麗なんだ…って
今更ながら?!(笑) ドキドキしちゃいました 

(〃'∇'〃)ゝエヘヘ




メンバーそれぞれのロングインタビューがあるんですけど…
以前読んだときには…

そんな松本の気を許した表情を存分に撮らせてもらえたと思う。

なんて表現があるから…岡本さんが書いたのかと思ったけど…
今全体を読み直してみると…米川さんがまとめてくださったんだなって気がします (^_^;)
それぞれのメンバーのテキストが…ホントに深くて素敵です 
智くんについては…こんな風に言ってくださっていました 



自由人。大野のことを櫻井がそう呼んだ記事を読んだことがある。
実際大野に会ってみて、実感した。
確かに、大野は自由人、そう呼ぶにふさわしいかもしれない。
独特のペースと空気がある。
二宮とは別のベクトルで、1人が上手だ。そう感じた。
二宮が『何しよっかなぁ』と企んでるような1人上手だとすれば、
大野は…そう、『こうしようと思ったからこうする』的な1人の世界が確立している。
つまり…大野以外必要ない世界にいる…とでも言おうか。



大野以外必要ない世界…

あっ…なんか…その通りだなぁって思っちゃいました  
その言葉で…智くんって人が表現できちゃうのかもしれないなって

釣り師の智くんも 
アートの智くんも  
カリアゲ智くんも? (笑)

自分の思うように生きてるって気がして…
そんな姿に…ひきつけられちゃうのかなって思います 



ただ、多くの言動の中に感じたのだが、大野は自分をあまりに過小評価している。
その傾向がある。それが気になっていた。
大野は自分に自信がないのだ、という。



そんな言葉のあとに…
智くんが、次第に自分に自信を持つことができるようになっていく姿が書かれています
様々なことに悩みながら…心配しながら…
でも、自分自身が納得のいくまで努力をしてきて…
どんどん進化をを続けてきた智くん 

このピカ☆ンチの頃の智くんに対して…
こんな言葉でテキストは終わっています


(心配性だけど)本当は芯の強い、冷静な男。
言葉にはしないだけで、誰よりも嵐の未来を考えてるのかもしれない。
不言実行…あくまで大野流の自由なやり方で。



ちょっぴり不安そうな瞳をしながら…
でも、自分自身を見失わない強さを持って
少年からオトナへの過渡期を過ごしていた智くん 

そんな時期の…

PIKA☆NCHI 

今…素敵なオトナになった嵐さんに…思いっきり歌って踊ってほしいです 

o(^-^)o ワクワクッ


さて…あとの曲はどうしようかなぁ~(笑)

関連記事