あの夏…

120501_202412.jpg




先週のTVLIFEで魔王のことを取り上げていたこともあり
ちょっと気になって…
あの夏の頃の雑誌を何冊か読んでいます  


あの夏と同じように
24時間テレビが入る今年の夏 

嵐さんたち
今年は、どんな想いで臨むのかな…

ちょっと気が早いんですけど (笑)
4年前の嵐さんたちの想いを読んでたら

ちょっぴり切ないような気持ちとともに
そんなこと…考えていました  



とりとめもなくなると思いますけど (^_^;)

その頃のお話でも…    



2008年のWink up10月号では…
智くん&斗真くんが魔王について語ってくれてます 

智くんが、成瀬領を演じるときに感じてることは



成瀬領って人は、何通りもできるから。
無表情でいてもいいし、
ちょっと笑っていてもいいし…

自分の考える芝居を一回やってみて、
それを監督に「もうちょっと、こういう感じ」って言われれば理解できるし、
いろんなパターンができるんだよね。

台本を読むと「微笑む」にも、いろんな種類があったり…
例えば「悪魔のような目でにらむ」とか、
そういう感情的な「にらみつける」のは感情でやってるけど、
「微笑む」とか「少し笑う」とかは…あまり考えてない。

きっと一種の病気なんだよね、この(領っていう)人は(笑)。
復讐することに取りつかれた人だから。

たぶん、本人もなんも考えないで、
ふと笑ってたりするんだろうなって。
そういう「リアル」な感じをイメージしてはいるかな。




よく…憑依型の役者っていわれる智くんですけど
このインタビューを読むと
自分が演じている「成瀬領」を
とても客観的に見てるって思うんですよね 

「成瀬領」をとても客観的に見つつ…
リアルに…まるで憑依してるかのように演じてるって思えて

その微妙なバランスみたいなところが
なんか…すごい人なんだよね…って思わされます 


径くんは…どうなんでしょうね 


1・2話を演じていた頃と
次第に要求されることが変わってくる予感がしますけど

径くんの「リアル」がどうなっていくのか
ワクワクしながら…応援していきたいです 


 v(。・・。) オッケー♪




同じ月のduetでは…
「24の真実」っていうタイトルで
24時間テレビやツアーなどが決定している嵐さん達の想いを
質問に答える形で載せています 

2004年の24時間TVを振り返りつつ
2008年の24時間TVに対して、
とっても前向きな気持ちで臨もうとしてる雰囲気が伝わってきて 

そうだよね…
嵐さん達って…どんなに大変なときでも

楽しんでやりたい!

って前向きな気持ちをベースにもってるんだよね 
そんなこと…
なんか、久しぶりに?(笑)感じちゃって
ぐっ…っときちゃいました


 (*^^*)ポッ



魔王の撮影で忙しかったこの頃の智くん
インタビューの中で、
一番愛おしくなっちゃったのがこの言葉 


で、収録が終わったら、寄り道せずに家に帰ってる。
母ちゃんが準備してくれる夜食が楽しみなんだよ。



このインタビューの他の部分で
けっこうちゃんと食べてるのに、痩せてきてる。
不思議だよ…って言ってる智くん

智くんのことが心配で…
「母ちゃん」も…想いを込めて夜食を作ってたのかななんて思うと

その夜食を楽しみに帰ってくる4年前の智くんが
ほんと…可愛くて愛おしくてしかたありません 

この夏に比べると
今は…強くなりましたよね 



『魔王』という作品を通して
いろんな意味で強くなれた気がします




そんなTVLIFEの智くんの言葉   
ほんと…そうだったのかもしれないねって



『鍵のかかった部屋』を振り返るとき…
智くんは、いったいどんな想いをもつのかなぁ~ 


とりとめもなく…
そんな想いをもちながら

長い黒髪を綺麗に流した
細い体で…
悲しいくらいに上品に佇む智くんに見とれています 


やっぱり…好きだなぁ~(笑)

(///∇//)テレテレ



関連記事

Latest posts