ASIAN POPS MAGAZINE

1_20120331135613.jpg


僕の想像を超越した
榎本径がそこにはいた



『ASIAN POPS MAGAZINE』は、
今までも智くんについての素敵なインタビューを載せてくれましたけど

今回、第97号は
『鍵のかかった部屋』プロデューサー小原一隆さんの
「大野智の凄さ」  です


原作を読み進めているうちに
榎本径の顔が…智くんになってきたと語る小原さん
身軽でミステリアスな部分が
榎本径と智くんの共通点と感じられたようです 



智くんの第一印象については、
間違ってなかった
素の本人もちょっとミステリアスで
爽やかで可愛らしいんですけど、
あ、これは、榎本いけるな…と思われたそうです
そんな小原さんが撮影を進めていくうちに思ったことは


思った以上に榎本です(笑)
もう、雰囲気全体ですね。
それこそ、榎本というキャラになっちゃっているんです


(これまでの役柄とは)違います。
完璧に榎本になっちゃっているので、
僕たちの想像を超越した榎本が
そこにはいました(笑)



こちらのやりたいことを伝えると、
それを吸収して自分の中でこなして、
さらに一段上を出してこらられる…
その案配の絶妙さは、
今までに出会ったことのないタイプですね  




智くんと一緒に仕事をした方達が語る智くん観 
読ませていただくと…

ありがとうございます…
智くんの素敵な部分をいっぱい引き出してくださって 
そんな気持ちになります 


写真の智くん…
気を抜いた表情ではなく…榎本径です 

プロデューサーの想像を超越した榎本径って
いったいどんな人なんだろう…

演じてるってイメージじゃなくてね
どんな人になっちゃってるんだろう…

インタビューを読んでて…
なんか…ドキドキしてきちゃいました 


ほんと…
ドラマが始まるのが楽しみです!!


 o(^^o)(o^^)oワクワク


関連記事

Latest posts