雪のあおもり犬

1_20120318142801.jpg




これは、一昨年の秋に
『青森県立美術館』に出かけたときの『あおもり犬』

あっ!…青森県立美術館の作品の中で、
『あおもり犬』だけは、撮影が許可されています!
誤解されちゃうとイヤなので~ (^_^;)
一応…書いておきますね (笑)

『ニッポンの嵐』で
智くんが青森を旅したときに訪れていましたよね
わたしが行った時には、雪はないのでこんな感じでした 




今日放送の…

NHKEテレ 日曜美術館
『特別編 ゆるむ・ひらく アートの旅 ~青森編』
 


 ★ 日曜美術館 


青森編ということで
『十和田市現代美術館』
『青森県立美術館』 の特集でした 



一人でふらっと…


でかけたいな…





『十和田市現代美術館』も…とっても素敵です!

智くんが行ったことのある直島の『赤かぼちゃ』の作者
草間彌生さんの作品が、雪の中で迎えてくれていました
ちなみに、直島の『赤かぼちゃ』は、こんな感じ


1 (2)


十和田市現代美術館にあるのは、
この黄色バージョンといった雰囲気です 






『青森県立美術館』

智くんが行ったのは、2010年の2月ですけど
今年の美術館の映像は…明らかに雪が多いですね 

作品紹介での、シャガールの青の作品がとっても素敵で
思わず…出かけたくなっちゃいましたけど (^_^;)

残念ながら、特別展は3月25日(日)までで
その後は、しばらく休館になってしまうそうです
う~ん…おしいなぁ 


今のあおもり犬は…
鼻の近くまで…降り続く雪に埋もれていました
頭には…重そうな雪の帽子を戴いています

雪のあおもり犬について
学芸員さんが、こんなお話をしてくださっていました



お年寄りの方が、あおもり犬をご覧になって
ちょっと拝んで…それから行かれたことがあって

大きいということで
拝んでしまったのかもしれないんですけど

何となくね…
(仏様っぽいですよね)
そうですよね…

冬で雪をかぶっていると
なんか、いろんなものを耐えているような

そんな…
「かさ地蔵」のような雰囲気が
あるんじゃないかと思うんですけど

ちょっと…目を閉じて下向いてるっていうのが
なんか
瞑想してるような、
祈ってるような雰囲気がありますし

この作品は、
できてから5・6年になるんですけど

最初の頃…
そんなに深い意味を持ってた訳ではないと思うんですが
そういった…みなさんの感情移入の中で
作品の意味が、だんだんに大きくなってきているような

冬のこういう姿を見ると
東北の…雪の中で春を待っているみなさんにとっては
すごく、感情移入しやすいような
対象なんじゃないかと思うんですけど

(東北の人たちが
 創り上げた作品と言っても過言ではないですね)

そうですね…創り上げた…
(一緒に意味づけていく)

はい…
これからも、
そうやって育っていく作品なんじゃないかと思います
(いいですね…)
はい…




あおもり犬を優しい視線で見つめながら
誇らしげに語る学芸員さんの笑顔が印象的でした 






雪の少ない地方に住む自分と
青森の方たちが見るあおもり犬
きっと…全然ちがう見方をしてるんだなって
学芸員さんのお話を聴いて考えさせられました


自分というフィルターを通した見方が全てではない


そんなことを思いながら
ちょっぴり反省したり…苦しくなったり (^_^;)
すみません…ワケのわからないコト言ってて 





あっ!
今年は、青森県立美術館でも奈良さんの展覧会がありますね!

奈良美智: 君や 僕に ちょっと似ている  
a bit like you and me...
2012年10月6日(土) - 2013年1月14日(月)


よし!めざすのはコレだな!   (笑)




さ…明日は、ラキセの最終回ですね!

いろいろな意味で…とっても楽しみです 

o(^^o)(o^^)oワクワク 


関連記事

Latest posts