青が好き…♪♪

ARTICLE PAGE

1日孫になります 2005.4.9 ②

1日孫になります
  • comment-
  • trackback-
翔ちゃ~ん!30歳のお誕生日

( ^-^)/:★*☆おめでと~♪♪




おそらく…世間一般の好感度からすれば…嵐ナンバーワン?

安心してまかせられる…いわゆる「できる子」  

きっと…そんなイメージの翔くんですよね! 


でも…実は…案外いろいろな意味で『不器用』な面もあったりして~

その、完璧じゃないところが…とっても魅力的だなぁ~って思います 


 



『月刊ザテレビジョン』の「月刊嵐」   

智くんから翔ちゃんへの…

「翔くん、お誕生日おめでとう!」 

今年は、オレとサラダざんまいだね。
これからの年齢の方が楽しいって周りからよく聞くし。
特別何かやらなくても、翔くんは十分大人だし。
「NEWS ZERO」での姿とかさ、すごいって思ったもん。
オレは2回も「ZERO」に出てるからね。
オレが一番、「ZERO」での翔くんの横顔を知ってる。



ほんと…智くんは「ZERO」の理知的な翔ちゃんのファンなんだなぁ~って 
でも…実は、翔ちゃんのかわいらしい所も大好きだったりして~ 笑

翔ちゃんに…変わらずにいてほしいのは


「寝てるときの顔」  (= ̄  ̄=) Zzzz・・・


智くん…翔ちゃんの寝てるときの顔をいっぱい見てきたそうで… 
何とか寝てないようにごまかしてるところがおかしくてしょうがないんですって!!

智くんのほうが…すぐ寝ちゃいそうだけどなぁ~ 笑

でも…翔ちゃんが必死に睡魔と闘ってる姿を…
ふふっ…って笑顔で見守ってる智くんを想像すると…なんかいいなぁ!って思っちゃいます 

なんかね…
そんななんともほっこりした山コンビも…好きですわ!

あっ!月刊嵐…記事のイメージはほんのり櫻色で…
智くん&翔ちゃんのビジュもいいですよ~ 









それでは…まごまご嵐第1回の紹介のつづきです 
よろしかったら…どうぞ 

まごに会いたくても会えない
家業の跡継ぎがいなくてオシゴトが大変
そんなおじいちゃん、おばあちゃんのもとに…嵐のメンバーがおじゃまします!
嵐の…1日まごになりま~す!



このナレーションで毎回始まるんですよね! 笑
記念すべき1回目…真岡鐵道の益子駅からスタートです 
益子町は、日本有数の陶器のひとつ益子焼きの故郷です  


今回の依頼は…

★☆ 内孫がいない父と母のために1日孫になってほしい ☆★


◆午前8時半◆

相葉ちゃんと翔ちゃんがおじいちゃんの家に向かって歩いています
おじいちゃんやおばあちゃんが大好きって相葉ちゃん!
なんだか、とっても楽しみみたいです 

益子焼きで使う粘土を採掘するオシゴトを代々しているおじいちゃん
とっても大きなお家に住んでいらっしゃいます
お嫁さんが早くにお亡くなりになってしまったとのことで…内孫のいないおじいちゃん
外孫にも、なかなか会うことができないとのこと

まごになかなか会えないっていうのはさみしい?

さみしいよ…そんだから、おめえらまごだっぺよ!うちの~ 笑

そりゃそうだ…どうも!まごです!



出会いの時から…今日一日まごができたってことを楽しみにしてるおじいちゃん
ぶっきらぼうですけど…とってもうれしそうな笑顔です 

翔ちゃんのオシゴトは…おばあちゃんと一緒に「障子の張り替え」 
相葉ちゃんのオシゴトは…おじいちゃんと一緒に「もち作りのお手伝い」 




さっそく…相葉ちゃんはおじいちゃんと一緒に、もち作り用のヨモギ採りへ

これヨモギ?知らない人が見たら分からないね!

これ、天ぷら揚げたってうまいんだよ!

うそぉ~!じゃ、後で揚げよう!おじいちゃん 


ほんと…甘え上手なんだから!相葉ちゃん! 笑
すっかりおじいちゃんと仲良くなって…山菜採りを楽しんでます 




一方翔ちゃんは…おばあちゃんと障子張りを始めましたが…
うまくコミュニケーションがとれていない様子 

おばあちゃんは、あんまりおしゃべりはしない方ですか? 

うん…

…と言うだけで…黙々と古い障子紙をはがすおばあちゃん…
翔ちゃんも、困ったような表情でカメラを見つめます
さあ…翔ちゃんは、おばあちゃんとのこの距離を、どう縮めるのでしょうか…




……つづく



「一日まごになります」の第1回ということで…
翔ちゃんは…ほんのちょっぴり不安そうな雰囲気です (^_^;)
それに対して…とっても楽しみにしてる様子の相葉ちゃん 
おじいちゃんやおばあちゃんが大好き!って宣言するだけのことはあるなと 笑

それにしても…自然に相手の懐に入っていく甘え上手の相葉ちゃんに
もう、おじいちゃんがうれしそうで!楽しそうで!!
やっぱり…この企画は長く続くだけの価値があったんだなって思えるスタートです 




関連記事