とりとめもなく 5/29


ここのところ…やらなければいけない仕事がいっぱいあってね (^_^;)

毎日13時間勤務の日々が続いておりました 


まったくもうっ!立派なブラック企業だわっ!


なんて…同僚さんたちと苦笑しながら

なんとかとりあえずのゴール目指してがんばっているところです 




そんな中なのですが (笑)

嵐さん&息子の次に…アツく応援してるバスケが大詰めとなっておりまして

先週まで…週末はバスケな日々が続いておりました 



DSC_0611.jpg



残念ながら…チームはセミファイナルで敗退してしまい (T_T)

今シーズンのバスケは終了…

でもね…

今シーズンも…いっぱいいっぱい感動させてもらったことに…感謝です 




…というわけで

この週末は…ファイナルの応援に行く気満々だったのに…ぽっかりと予定がなくなってしまい 

それなら…

仕事を片付けてから、ゆっくり休んでいようかとも思ったのですが

なんだか…かえって疲れが出てくるような感じでダメですね (^_^;)

つくづく思うのですよ…


疲れをとるには…好きなことをやってるのがいちばんっ!



…ってね  (笑)








なんだか…喪失感いっぱいだな…なんて思ってたら

まったくとりとめはないのですけれど

セカムズで…零治が悲しそうにソファーに横になるときに

手を…脚の間に入れるでしょ

あのポーズのことを考えだしちゃって




ベッドに横になって…美咲さんを見てる零治のうれしそうな顔を見ていたら

零治が小さい頃…あの手は横に寝ているお母様につながっていたんじゃないのかな…って

お母様の横顔を見ながら…安心して眠りについていたんじゃないのかな…って

そんな気がしちゃったんですよね




何らかの理由でお母様がいなくなってから…あの手は…脚の間で

他人に表出することのできない寂しさや悲しさに耐えてきたのかな…って



お母様がいなくなったことに対して…

お父様である幸蔵さんも責任?負い目?を感じているのかな…

でもね…幸蔵さんも同じように寂しいんだな…っていうことは

あの…零治と反対向きの同じポーズで眠る姿から感じられて



ふふっ 

勝手な想像ですけどね♪ *^^*



でも…

あの寂しそうな零治を…はやくぎゅっと抱きしめてあげてほしいと思うのです





息子が小さい頃

私自身が…息子と手をつなぎながら寝ていたんですけどね *^^*

仕事がどんなにハードでも…疲れていても…

息子のふわふわの手をにぎって寝ていると…とっても心が安らいでね 

寝かしつけてもらっていたのは…私の方だったのかもしれません (笑)





さてと…明日から3日間が、ちょっとした正念場 

第8話で…幸せな気持ちになれると信じてがんばることにします 


























関連記事

Latest posts